与党、15日にも内閣委採決 検察定年、森法相に質疑へ

 衆院本会議で答弁する森法相=14日午後

 衆院内閣委員会は15日、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案について森雅子法相出席の下で質疑する。自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長が14日合意した。採決日程は協議しなかったが、自民党幹部は「15日に採決する方針だ」と記者団に述べた。ただ衆院本会議採決は来週にずれ込み、与党が目指した週内の衆院通過は困難となった。

 内閣や法相が認めれば検事総長ら幹部がポストに残る法案の特例を巡り、野党は要件を明示するよう求めており、森氏の答弁が焦点となる。

 安住氏は森山氏に「特例の基準を森氏が明確に示さない限り、採決には応じられない」と伝えた。

共同通信社 2020年5月14日 無断転載禁止