押収スマホに特殊詐欺マニュアル キャッシュカードに「切り込み」

 押収スマホから見つかった図解(大阪府警提供)

 大阪府警は14日、高齢女性から入手したキャッシュカードで現金計約120万円を引き出したとして、窃盗容疑で京都府の無職少年(19)を逮捕したと発表した。12日付。特殊詐欺団の一員とみられ、押収したスマートフォンから、不正にキャッシュカードを使わないと相手に誤信させるため、受け取り時に切り込みを入れるよう指南するマニュアルが見つかった。

 府警によると、マニュアルは「ゆっくり正確に切り込みをいれる」とし手品のように「ハサミで切りました!というところを印象つける」などと図解を交え説明している。指示役とみられる人物から会員制交流サイトで少年のスマホに送られていた。

共同通信社 2020年5月14日 無断転載禁止