大阪府、16日に休業要請解除 基準達成、外出自粛継続

 大阪府の休業要請などを段階的に解除する基準「大阪モデル」の達成状況を表すライトアップで緑色になった通天閣=14日午後7時31分、大阪市 緊急事態宣言で休業中の店が多く、人通りもまばらな大阪市、阪急十三駅近くの飲食店街=4日

 大阪府は14日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、特措法に基づく休業要請を16日午前0時から部分的に解除すると正式に決めた。百貨店などの商業施設、映画館、大学、学習塾などが対象となる。府民には引き続き不要不急の外出を控えるよう求め、各種イベントも屋内外、規模の大小を問わず開催自粛を要請する。

 解除の条件とした独自基準「大阪モデル」を14日まで1週間連続でクリアし、吉村洋文知事が判断した。吉村氏は会議後の記者会見で「府民の協力でここまで来ることができた。感染症を抑えつつ社会経済活動を徐々に戻していく」と述べた。

共同通信社 2020年5月14日 無断転載禁止