検事長宛てに「国民なめんな」 黒川氏への脅迫文書に記述

 東京高検の黒川弘務検事長宛てにカッターナイフの刃や紙が入った封筒が届いた事件で、森友学園問題について書かれた紙には、「次の検事総長だと」「国民をなめんじゃねぇ」などとの記述もあったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 差出人として名前と住所が封筒の裏と紙の末尾に記入されており、警視庁は脅迫容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、文章は印字で、森友学園問題を巡り背任や文書改ざんなどの疑いで告発された佐川宣寿元国税庁長官を大阪地検特捜部が不起訴にしたことについて「(黒川検事長が)大阪地検に圧力をかけて不起訴にした」とも書かれていた。

共同通信社 2020年5月14日 無断転載禁止