緊急事態宣言、39県を午後解除 新型コロナ、諮問委了承

 開催された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議=14日午前、東京都千代田区

 安倍晋三首相は14日午後、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について、39県の解除を正式決定する。重点的な対策が必要な13の「特定警戒都道府県」のうち、茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県と特定警戒以外の34県が対象。記者会見で理由を説明する。決定に先立ち、政府は午前、有識者の意見を聞くための諮問委員会を開催。諮問委は39県の解除を了承した。

 諮問委の前には新型コロナ対策を検討する専門家会議も開かれ、宣言の解除や再指定を判断するための目安を提言した。また、感染状況に応じて都道府県を3分類し、取り組むべき対策を示した。

共同通信社 2020年5月14日 無断転載禁止