世界の子ども死者120万人増か 今後半年、ユニセフが試算

 国連児童基金(ユニセフ)のフォア事務局長(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は13日付で、新型コロナウイルスの世界的流行に伴う医療態勢の混乱により、低・中所得の118カ国で今後半年間に、予防可能な原因で亡くなる5歳未満の子どもが通常より推定120万人増える恐れがあるとの試算を発表した。

 フォア事務局長は「5歳未満で亡くなる世界の子どもの数がこの数十年間で初めて増加に転じる恐れがある」と警告した。

 新型コロナ感染拡大を受け医療施設への通院が減ったり、日常的な医療サービスが縮小したりすることなどが原因。これらの国々では元々5歳未満の子どもが半年間に推定計約250万人死亡している。

共同通信社 2020年5月13日 無断転載禁止