バルコス、マスク商品化 不安感解消に貢献

バルコスが販売するマスクのサンプル
 新型コロナウイルス感染症の流行を受け、国内外でハンドバッグを製造販売するバルコス(鳥取県倉吉市中江、山本敬社長)が、自社ブランドの使い捨てマスクを商品化する。中国の協力工場に生産を委託し、現地の自社子会社で品質管理。5月末からオンラインショップや直営店舗で販売を始める。感染対策のため、大量のマスクを必要とする医療機関や自治体、企業などへの卸売りも行う。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年5月12日 無断転載禁止