コロナ不安便乗商法 悪質な情報に注意して

<相談> 新型コロナウイルスの感染が拡大して不安です。消費者として気を付けることはありますか。

<アドバイス> 感染する恐怖はもちろん、先の見えない息の詰まる自粛生活に皆が不安な毎日を過ごしています。こんな時、不安に付け込む悪質事業者の便乗商法が発生します。

 正しい情報を共有して、高齢者や障がいのある方へ配慮し、地域で見守ることが必要です。

 ◆「新型コロナ関連消費者向け情報」消費者庁公式LINE紹介(所管:消費者庁) 正確な情報をいち早く消費者の元に届けるため無料通信アプリ「LINE(ライン)」に消費者庁の公式アカウントが開設されました。

 本アカウントを友達に追加していただくと「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」から最新の情報にアクセスできるようになるほか、消費者庁から定期的に送られる注意喚起メッセージを受け取れるようになります。

 このアカウントには、すぐに最寄りの消費生活センターなどに相談できるよう、直接消費者ホットライン188へ連絡する機能をつけています。困ったときは、一人で悩まずに消費者ホットライン188にご相談ください。

 ◆マスクについて 国から全世帯に布マスク2枚が配布されます。お知らせのチラシとともに透明なビニールに入った状態で各家庭に届けられます。くれぐれも類似の送り付け商法などにご注意ください。

 ◆特別定額給付金(仮称)について 家計支援として1人につき10万円が給付されることとになり、給付金の申請方法、給付方法、給付時期などの概要が示されました。これに関連した不審な電話や来訪、「個人情報」「通帳・キャッシュカード」「暗証番号」「マイナンバー」などの詐取にご注意ください。

     ◇

 誤った情報や悪意のある情報に振り回されないよう、正確な情報に基づいて冷静に対応しましょう。

……………………

 消費者ホットライン=電話188(泣き寝入りはいやや!) お近くの消費生活センターなどにつながります。

■島根県消費者センター

 電話0852(32)5916

■同石見地区相談室

 電話0856(23)3657

2020年5月1日 無断転載禁止