女子ログ 春めいてきたのに

 いつもの年なら山から雪が消えたのを見計らって、そろそろ山歩きを始める時期だ。でも今年は仕事場や家などで用事が立て込んだこともあって、仲間との日程が合わず、まだ出掛けることができずにいる。

 春めいてきたとはいえ、この時期の山はまだまだ肌寒い。その分、ひんやりとした空気の中に身を置くと気持ちがリフレッシュできる。新緑が芽吹き始めた木々を眺め、登山道脇の草花を見つけると、心もほっこり癒やされるのだ。

 何より今の時期は人が少ない。山歩きを教えてくれた先輩から「一人で山歩きはしない。必ず複数で行動するように」と、教わったので、たった一人山の中に身を置くことはしないが、人の少ない山道で自分たちのグループだけが、すばらしい自然を独占しているような気分になれる。

 今年は外出を控えようという声が強まっている。山へ行くのに公共交通機関を使う都会とは違い、田舎の山歩きは濃厚接触する機会は少ないと思うのだが、そうは言っても「不要不急の外出」というのに該当するかもしれない。三瓶山では山開きは中止になった。屋外とはいえ、多くの人が集まるのはちょっと心配だったのだろう。

 今はまだ忙しい時期なので山のことはもう少し忘れておこう。

 (米子市・風紋)

2020年4月11日 無断転載禁止