女子ログ 卵サンドと苦境越しバーネット

 以前、この欄でプチハーブガーデンについて書いたのだが、去年の夏にあまりの暑さに外に出るのがおっくうになり、水やりを怠ってしまったためにカラカラに枯らしてしまった。ハーブ類は強いから、また生えてくるかもしれないといういちるの望みとともに枯れたハーブの鉢をそのままにしておいた。

 少し暖かくなってきた頃、久々にハーブの鉢をのぞいてみた。案の定、雑草がぼうぼうと生えて鉢を侵食していたが、その中で一鉢だけ新しい芽を出しているバーネットというサラダハーブがあった。しかも、よくよく見ると1株しか植えていなかったのに3株にも増えていた。

 思い返せば、以前も一度鉢植えしたイタリアンパセリを枯らしたときに、なぜだか鉢の近くのアスファルトの隙間からひょっこり生えていて驚いたことがあった。鉢に移した後も何事もなかったかのように元気だった。植物のたくましい生命力にはまったく目を見張る。

 そんな苦境を乗り越えたバーネットを収穫して味見すると、苦くてあまりおいしくない。そこで、作った卵サンドに添えてみると緑がよく映えていい色合いになった。この苦さも何とか頑張って生き延びた証しなんだなぁと思いながら、卵サンドと共にペロリとおいしく平らげたのであった。

(鳥取県大山町・茶ノ丸)

2020年4月4日 無断転載禁止