鳥取県立美術館の整備本格化 「美術館整備局」新設

鳥取短期大の学生が手掛けた装飾に見入る平井伸治知事(左)ら
 県教育委員会が1日、県立美術館の整備本格化に伴い「美術館整備局」を、建設予定地に隣接する倉吉未来中心(鳥取県倉吉市駄経寺町)内に新設した。事務室入り口には、鳥取短期大(倉吉市福庭)の学生が考案した装飾を施し、美術館整備のムードを盛り上げた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年4月3日 無断転載禁止