山陰両県 雇用に影響広がる

 新型コロナウイルスの感染拡大で、山陰両県の雇用に影響が及び始めている。部品の調達が滞り、生産計画に狂いが生じた製造業の一部が、非正規労働者の大規模な人員整理に踏み切った。解雇や雇い止めの労働相談も増えつつあり、2008年のリーマン・ショック以来の雇用危機に警戒が強まっている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月31日 無断転載禁止