豊漁と海上安全を祈願 境港・大港神社

大漁と海上安全を願い手を合わせる出席者
 鳥取県境港市栄町の大港神社で30日、海上安全・大漁祈願祭があり、境漁港(境港市昭和町)を拠点とする水産関係者ら40人が1年間の操業の安全と豊漁を願った。

 神職が祝詞を奏上した後、境港水産振興協会の岩田祐二会長が「水産都市・境港の発展へ心血を注ぎ、英知を結集する」とあいさつ。岩田会長や中村勝治市長ら代表者4人が玉串を奉納した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年3月30日 無断転載禁止