専門家会議「まん延の恐れ」 首相に報告、対策本部設置へ

 日本の新型コロナウイルス感染症の状況について、政府の専門家会議は26日「まん延の恐れが高い」とする報告書を了承した。加藤勝信厚生労働相が安倍晋三首相に報告し、新型コロナ特措法に基づく対策本部が設置される見通し。

 専門家会議からは、海外で感染して日本に入ったと疑われる人が急増している点や、どこで感染したか分からない患者が増えている点などから「まん延の恐れが高い、と判断できるだけのデータがそろっている」との意見が出ていた。

 政府は専門家会議の一部メンバーも交えた委員会で議論し、新型コロナ対策の「基本的対処方針」を新たに作成する。

共同通信社 2020年3月26日 無断転載禁止