21年夏開業 大田の道の駅名「ごいせ仁摩」に決定

大田市仁摩町に整備される道の駅の名称「ごいせ仁摩」を考案した岩谷さとみさん
 山陰道仁摩・石見銀山インターチェンジ(IC、島根県大田市仁摩町大国)近くに2021年7月ごろ開業予定の道の駅の名称が「ごいせ仁摩(にま)」に決まった。駅を整備する大田市が21日に発表した。「ごいせ」は、仁摩地方の方言で「いらっしゃいませ」を意味する。

 名称公募に全国から届いた947点のうち、同市朝山町の主婦岩谷さとみさん(60)と、大阪府の70代男性の2人が寄せた「ごいせ仁摩」が市などの審査で最優秀賞となり、正式名称に採用された。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月23日 無断転載禁止