西伯病院存続へ知恵を 南部でシンポ

西伯病院について講演する高田照男病院長
 「再編統合の検討が必要」として厚生労働省が公表した424公立・公的病院の名指しリストに入った西伯病院(鳥取県南部町倭)をテーマに、シンポジウムが22日、南部町原のおおくに田園スクエアであった。町民ら約80人が参加し、高田照男院長と福嶋浩彦中央学院大教授の講演を通じ、地域医療の存続やまちづくりについて考えた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月23日 無断転載禁止