女子ログ コタツムリ

 寒く体が冷える日は暖かいコタツが恋しくなる。

 格子柄のちゃんちゃんこを羽織り、座布団もしくは肘置きのある座椅子に座ってコタツに足を入れれば、立派な「コタツムリ」が誕生する。机の上に熱いお茶と缶に入ったお菓子があればなお良い。コタツで下半身が温まると、なんだかホッとして幸せな気分になる。寒い時期でのお楽しみな時間だ。

 ただし、「コタツムリ」において気を付けないといけないのは寝落ちだ。コタツの中に全身すっぽり入るとぬくぬくして心地よいのだが、眠気に襲われるのでコタツで寝落ちするのが嫌いな私はコタツに全身で入らないようにしている。

 そんな私とは対照的に、夫はコタツに入ると大抵寝てしまう。コタツの中に全身すっぽり入っている夫に、コタツじゃなくて布団で寝なよと声を掛けるのだが、「寝ないよ」と返答してもいつの間にかグースカと寝てしまっている。そんな幸せそうな寝顔を見ると、寝落ちしたくない私にとっては少しうらやましくもある。

 翌朝、コタツの中で寝落ちした夫は腰が痛いなどとのたまう。コタツの中だと寝返りがしにくいので一晩寝るのには向いていない。コタツの中での居眠りも一興ではあるが、体を壊しては元も子もない。

 程よい距離感で「コタツムリ」を楽しみたいものだ。

(鳥取県大山町・茶ノ丸)

2020年2月22日 無断転載禁止