山陰この冬一番の寒気 各地で降雪

雪かきに汗を流す住民=17日午後、益田市匹見町道川
 山陰地方は17日、この冬一番の強い寒気が流れ込み、積雪や強風に見舞われた。冬型は18日まで続く見込みで、松江、鳥取両地方気象台は、大雪や路面凍結などに注意を呼び掛けている。

 両地方気象台によると、同日午後5時現在の積雪は、大山35センチ、赤名(島根県飯南町)11センチ、瑞穂(同邑南町)10センチなど。降雪により、中国横断道尾道松江線・宍道ジャンクション-三刀屋木次インターチェンジ間の上下線が通行止めとなった。降雪計がない益田市匹見町でも朝から10センチ程度の雪が積もり、住民が雪かきに精を出した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月18日 無断転載禁止