オリパラ教育 大田で推進校が活動発表

「オリパラ教育」の活動を報告する久屋小学校の野津明久校長
 東京五輪・パラリンピックへの機運を高めようと、2019年度に始まった「オリパラ教育」の実践報告会が13日、島根県大田市大田町のあすてらすであり、県内の推進校が取り組みを発表した。五輪やパラリンピックの競技体験や競技者との交流を通じ、児童、生徒の関心が高まったと成果を強調した。  

 スポーツ庁の委託事業として都道府県ごとに実施。県内では大田市立久屋小学校、川本町立川本小学校、益田市立美都中学校、松江清心養護学校、松江ろう学校が推進校に認定された。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月14日 無断転載禁止