女子ログ 令和ベビーの誕生

 昨年の秋、2人目を無事出産した。わが家初の令和生まれの誕生である。家族内で昭和から令和と三つの元号生まれがそろった。

 新元号発表のときには、出産予定日が分かっていたのでどんな元号になるのかドキドキしていた。平成の年号に慣れきっていたので戸惑うこともあったが「令和ベビー」の名前が新鮮で嬉しくもあった。

 平成生まれの1人目と令和生まれの2人目とでは元号が異なるのでさまざまな違いを感じる。赤ちゃんの書類などを書く際には、まだ令和の年号に変更されていないことも多いので平成の文字に線をして令和と書き直すこともある。

 また平成生まれはアルファベットの頭文字ではH○年と書くが、令和元年生まれはR1年となるので、書き間違えそうになることもしばしばある。

 私自身が平成生まれなので、成人になってから年上の方に平成生まれだと言うと驚かれることが多い。なんでそんなに驚かれるのだろう? と思っていた。だが、令和生まれの子どもを出産すると新元号生まれの子がなんだか新鮮に感じる。平成生まれが驚かれる気持ちもなんとなく分かる気がする。

 令和生まれの子たちが成人したとき、周りは彼らが令和生まれであることを知り、また年月の流れに驚くのだろうと、未来を担う令和ベビーを見ながら思うのであった。

(鳥取県大山町・茶ノ丸)

2020年1月29日 無断転載禁止