体操の内村「演技の質上げたい」 豪州合宿を前に意気込み

 オーストラリア合宿を前に取材に応じる内村航平=15日、成田空港

 体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)が15日、オーストラリア合宿へ出発する前に成田空港で取材に応じ「暖かい環境で体の状態も良くしていきつつ、演技の質も上げていきたい」と意気込みを語った。

 今年は両肩痛の影響もあって4月の全日本選手権で予選落ちし、世界選手権の代表から漏れた。苦しむ30歳のベテランは「今は純粋に体操を極めたいという一心で、その先に結果があるという以前の考え方になってきた」という。

 来春の東京五輪代表選考に向け、演技を7~8割程度まで仕上げるつもりで「できるものに関してはどんどん(技を)通していきたい」と闘志をたぎらせた。

共同通信社 2019年12月15日 無断転載禁止