フェンシング日本勢は2回戦敗退 高円宮杯W杯

 男子フルーレ個人2回戦 米国のアレクサンダー・マシアラスと対戦する松山恭助(奥)=幕張メッセ

 フェンシング男子フルーレの高円宮杯W杯第2日は14日、東京五輪テスト大会を兼ねて千葉市の幕張メッセで個人決勝トーナメントが行われ、日本勢は2回戦までに敗れた。

 22歳の松山恭助は2回戦でリオデジャネイロ五輪銀メダルのアレクサンダー・マシアラス(米国)に8―15で敗れ、2017年世界選手権銀メダルの西藤俊哉も2回戦でフランス選手に13―15で競り負けた。世界ランキング1位のアレッシオ・フォコニ(イタリア)が優勝した。

 全日本選手権覇者の永野雄大や上野優斗、藤野大樹も2回戦敗退。今年のアジア選手権覇者の敷根崇裕は初戦で屈した。15日は団体が行われる。

共同通信社 2019年12月14日 無断転載禁止