テコンドー協会、新会長らを承認 26日に新体制発足

 理事会後に取材に応じる全日本テコンドー協会の金原昇会長=10日、東京都内

 強化体制を巡ってトップ選手と対立が続いていた全日本テコンドー協会の新理事が10日、東京都内で開かれた理事会で承認され、新会長に日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏(78)が就任することが決まった。26日の正会員総会をもって新体制が正式に発足する。

 新理事は11人で全員が外部から招かれた。柔道女子で1992年バルセロナ五輪銀メダリストの田辺陽子氏(53)や陸上女子ハンマー投げ日本記録保持者の室伏由佳氏(42)のほか、弁護士や税理士らが名を連ねた。

 一連の問題で金原昇会長ら全理事が退任することが決まっている。

共同通信社 2019年12月10日 無断転載禁止