空手、清水は決勝で敗れる プレミアリーグ最終日

 形女子決勝でサンドラ・サンチェスに敗れ2位となった清水希容の演武=マドリード(共同)

 【マドリード共同】空手のプレミアリーグ(PL)・マドリード大会最終日は1日、マドリードで行われ、形女子の決勝で清水希容(ミキハウス)は昨年の世界女王サンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れ2位となった。

 組手の男子84キロ級、荒賀龍太郎(荒賀道場)と女子50キロ級、田畑梨花(京産大)が3位となった。男子67キロ級の篠原浩人(マルホウ)、女子68キロ超級の斉藤綾夏(AGP)らは3位決定戦で敗れた。

 形では男子の本一将(AGP)と金城新(劉衛流龍鳳会)、女子の岩本衣美里(クリーンコーポレーション)と大野ひかる(大分市消防局)が3位。

共同通信社 2019年12月2日 無断転載禁止