スキーW杯距離、石田正子は9位 ノルウェーのヨーハウグが優勝

 W杯距離女子10キロクラシカル 9位に入った石田正子=ルカ(共同)

 【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は30日、フィンランドのルカで行われ、女子10キロクラシカルで石田正子(JR北海道)がトップと1分4秒5差の27分52秒0で9位に入った。

 男子15キロクラシカルでは馬場直人(ゴールドウイン)が43位、宮沢大志(JR東日本スポーツ)は45位、吉田圭伸(自衛隊)は50位だった。

 女子はテレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)が優勝し、男子はイーボ・ニスカネン(フィンランド)が制した。

共同通信社 2019年11月30日 無断転載禁止