タピオカで美肌県をPR 都内に露天カフェ、8日出店

タピオカドリンクを手にスマートフォンで写真を撮影するプレイベントの参加者=東京都渋谷区
 島根県民の美肌を、タピらない?!-。ブームを巻き起こしているタピオカを絡めて「美肌観光」を推進する島根県が、東京都内の露天カフェでオリジナルのタピオカドリンクを発売するのを前に7日、SNS(会員制交流サイト)で高い発信力がある「インフルエンサー」らを招いたプレイベントをカフェで開いた。

 露天カフェは有名ブランドの店舗が立ち並ぶ渋谷区の表参道にあり、県が8日から12月28日まで期間限定で出店。潤いのある県民の肌質をタピオカに見立てた「タピ肌」と題した観光キャンペーンとして、出雲市産の出西ショウガを使った「ジンジャースパークリング」など3種類のタピオカドリンクを、1種類ずつ時期をずらして販売する。16日まではウッドデッキで足湯も提供する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年11月8日 無断転載禁止