奥出雲で乗り合いバス試行運行 健康づくりと買い物の味方

乗り合いバスを利用する参加者
 奥出雲町三成地区の高齢者の健康づくりと買い物を支援する乗り合いバスの試行運行が16日、始まった。参加者たちが早速、バスに乗り込んで町内の日帰り温泉施設などを訪れ、健康体操や食事など住民同士の交流を楽しんだ。

 運行するのは、住民主体のまちづくりを進める「三成郷づくりの会」(植田薫会長、70人)で、2018年に実施した住民アンケートで高齢者の移動支援を望む意見が多く寄せられたため、企画した。11月28日までの祝日を除く月曜と水曜、木曜の週3回、運行する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年10月17日 無断転載禁止