八雲作品使った英語教材、高い評価 松江拠点の出版社

受賞した多読本を紹介するヘザー・ディクソンさん=松江市内
 語学を身に付けるため自身の習熟度に合わせてテキストを読み込む「多読」という学習法の教材を扱う出版社が、松江市にある。英国出身のヘザー・ディクソンさん(41)が2013年に設立。同市ゆかりの文豪・小泉八雲の作品を使ったユニークな教材が話題を呼び、国際多読教育学会の英語学習者文学賞を受賞するなど、高い評価を受けている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年10月13日 無断転載禁止