ダリア10万輪、水面の万華鏡

水面に広がるダリアを眺める来場者=松江市八束町波入、日本庭園由志園
 松江市の姉妹都市・宝塚市の特産品のダリア10万輪を日本庭園の池に浮かべた展示が11日、同市八束町波入の日本庭園・由志園で始まり、赤、黄、紫など幾重にも重なり合った花びらが、めくるめく幻想的な風景を作りだしている。15日まで。

 ダリアの和名は「天竺牡丹(てんじくぼたん)」。ボタンの生産量日本一の八束町と、ダリアの球根生産量で全国トップの宝塚市の縁を感じた同園が企画した。同園営業企画部の大谷俊樹さん(33)は「花々による素晴らしい景色を楽しんでもらいたい。展示をきっかけにさらなる交流が進めばうれしい」と話した。

2019年10月12日 無断転載禁止