若年のまちづくり参画へ 県立大生が大田でフィールドワーク

大田市静間町の住民(右)から地域の実態を聞く県立大総合政策学部1年生
 若年のまちづくりへの参画をテーマに、県立大総合政策学部(浜田市野原町)の1年生14人が大田市静間町でフィールドワークに取り組んでいる。地域の実態を学ぶため、住民との意見交換のほか、今月下旬の町の文化祭にも参加。地元でも地元の活力を生む学生たちの柔軟なアイデアに期待している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年10月8日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ