大相撲、幕内の逸ノ城が休場 右肩脱臼、2週間の安静

 逸ノ城

 大相撲の東前頭2枚目、逸ノ城(26)=本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、モンゴル出身、湊部屋=が秋場所5日目の12日、日本相撲協会に「右肩関節脱臼で約2週間の安静加療を要する見込み」という診断書を提出して休場した。4日目の横綱鶴竜戦で3敗目を喫した際に負傷した。

 師匠の湊親方(元幕内湊富士)によると再出場はしない見通し。逸ノ城の休場は2場所ぶり3度目で、5日目に対戦が組まれていた玉鷲は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は2日目から途中休場の横綱白鵬らを含めて5人となった。

 湊親方は「しっかり治して(稽古を)やらせる」と話した。

共同通信社 2019年9月12日 無断転載禁止