みかじめ料支払わないで、東京 歌舞伎町パレードで罰則周知

 暴力団にみかじめ料を支払った飲食店側にも罰則を適用する改正東京都暴力団排除条例が10月1日に施行されるのを前に、警視庁は11日、新宿・歌舞伎町で、条例の内容を周知し、暴力団排除を呼び掛けるパレードを実施した。

 三浦正充警視総監や警察官ら約200人が参加。飲食店が立ち並ぶ通りを「暴力団 みんなで追放」と書かれた横断幕を掲げて行進し、改正内容を解説したチラシを歩行者らに配った。

 改正条例の罰則は「暴力団排除特別強化地域」に指定された新宿や赤坂、六本木といった29地区が対象。

共同通信社 2019年9月11日 無断転載禁止