仕事みてある記 伝統産業を担い、技術つなぐ

「伝統工芸士を目指したい」と雲州そろばん作りに研さんを積む山下晃弘さん=島根県奥出雲町下横田
雲州そろばん職人

 山下(やました) 晃弘(あきひろ)さん(島根県奥出雲町下横田)

 島根県奥(おく)出(いず)雲(も)町は、兵(ひょう)庫(ご)県小(お)野(の)市とともに今では国内に2カ所しかないそろばんの産地です。中でも平成の大(だい)合併(がっぺい)前の旧(きゅう)横(よこ)田(た)町で作られるそろばんは約180年の歴(れき)史(し)があり、「雲(うん)州(しゅう)そろばん」として国の伝(でん)統(とう)的工芸品に指定されています。奥出雲町下(しも)横(よこ)田(た)の雲州そろばん協業組合で働く山(やま)下(した)晃(あき)弘(ひろ)さん(46)は「伝統産業の担(にな)い手になりたい」と、5年前に広島市から移(い)住(じゅう)。そろばん作りに打ち込(こ)んでいます。

 そろばんは、今では電(でん)卓(たく)やパソコンに押(お)され使う人も少なくなっていますが、計算力だけでなく、集中力の養成などに効(こう)果(か)があるとして注目されています。

 雲州そろばんも、全国の珠(しゅ)算(ざん)塾(じゅく)などから注文があり、2018年度の生産量、出(しゅっ)荷(か)額(がく)は概(がい)算(さん)で2万5千丁、1億2千万円といわれています。

 そろばんには、玉がパチ、パチと小(こ)気(ぎ)味(み)よい音でなめらかに動き、計算ミスがないよう、はじき返りが少なくピタッと止まることが求められます。

 雲州そろばん作りは木(もく)製(せい)の枠(わく)や玉、竹の軸(じく)作りから組み立て、仕上げまで187の工(こう)程(てい)があり、多くが手作業。軸をはめ込む枠の上下の穴(あな)の位置や深さが少しでも違(ちが)うとゆがみを生じ製品にならないため、精(せい)巧(こう)さが求められます。

 山下さんは広島の小売業界で接(せっ)客(きゃく)の仕事をしていましたが、「手に技(ぎ)術(じゅつ)を持ちたい」との希望もありインターネットで仕事探(さが)し。同協業組合が職(しょく)人(にん)体験の参加者を募(ぼ)集(しゅう)しているのを知り応(おう)募(ぼ)。4時間のそろばん作りを体験し「黙(もく)々(もく)とやるモノ作りが自分に合っている」と感じ、転職しました。

 組合に入って4年5カ月。仕事は仕上げからスタートし、磨(みが)き、塗(と)装(そう)などの技術を覚えてきました。「そろばん作りは奥が深いと思う毎日です」

 奥出雲町では毎年8月、珠算競技大会が開かれます。山下さんは「参加者が自分たちの作ったそろばんを使う姿(すがた)を見た時に喜(よろこ)びを感じる」と話します。

 そして、「伝統工芸をなくすのはもったいない。技術をつなげていければ」と願い、将(しょう)来(らい)は「伝統工(こう)芸(げい)士(し)の資(し)格(かく)を取り、自分も一から全部手作りのそろばんを作れるようになりたい」と意(い)欲(よく)を燃(も)やしています。(土(つち)谷(や)康(やす)夫(お))

★メッセージ

 そろばん作りに若(わか)い後継者(こうけいしゃ)がいなくて、高齢化(こうれいか)していると聞き、「助けになれば意味のある人生になる」と思い、この道に入りました。社会には自分たちの知らない仕事がたくさんあります。例えば、人を助ける生き方を考えているのなら、医師(いし)だけでなく歯科医師、看(かん)護(ご)師(し)、消(しょう)防(ぼう)士(し)などいろいろあります。将(しょう)来(らい)、職(しょく)業(ぎょう)を選ぶとき、まず「自分がどういう生き方をしたいか」ということが大事だと思います。

2019年9月4日 無断転載禁止

こども新聞