女子ログ はまってしまった

 たまたまテレビドラマのDVD「リバース」を見た。お気に入りのミステリー作家湊かなえさんが原作者ということで、レンタルショップで借りたのだが、ストーリーとはちょっと違うところで、はまってしまった。それはコーヒーだ。

 主演の藤原竜也さんはさえないサラリーマンだが、コーヒーを上手に入れる特技があった。ミルで豆をひき、ドリップでおいしく入れる場面を見ていて、興味が湧いてきた。

 とはいっても、いきなりミルまで買うのには、ためらいがあった。最初は1杯分ずつが入ったドリップのパックをいろいろ買ってきた。そのうち本屋さんでおいしい入れ方を記した本を買い、「少しは本格的に」と、ひいた豆を使うペーパードリップ用の道具を買ってきた。さすがにミルを買うのは「もう少し詳しくなってから」とペンディングとなった。

 豆は自家焙煎の店に行き、その場でひいてもらい、すぐに家に帰って入れてみた。よく分かった。朝の開店直後に食べるふかふかのパンや、手打ちのお店でたべるそばと一緒だ。作りたてはやっぱりうまい。

 1週間で飲みきるくらいの少量で買い、いろいろな産地の豆を飲み比べると、そんなに味にはうるさくはないこの私でも、それぞれの違いが分かってくる。これはミルを買うのも時間の問題だ。

(米子市・MIZU)

2019年8月25日 無断転載禁止