音楽や屋台 2000人満喫 浜田・竹迫ふれあいフェスタ

特設ステージで力強い太鼓の音を響かせる石州浜田太鼓のメンバー
 山陰中央新報西部本社が地域、読者への感謝の気持ちを込めた夏恒例の「竹迫ふれあいフェスタ」が24日、島根県浜田市竹迫町の同本社特設会場であった。市内の団体の吹奏楽演奏や石見神楽上演、シンガー・ソングライターのライブなど多彩なステージイベントや焼きそばや焼き鳥などの屋台販売があり、約2千人でにぎわった。

 山陰中央新報浜田市販売店会、山陰中央新報いわみ開発が共催。今年は浜田市で読者や市民と共に地域の将来や活性化を考えるキャンペーン「移動新聞社ふるさとeye浜田市」の皮切りと位置付け、特設ステージであいさつした福丸泰文取締役西部本社代表が「多彩なステージや飲食ブースを存分に楽しんでほしい」と呼び掛けた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年8月25日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ