サハラ南部安定へ連携 日独首脳が会談

 ドイツのメルケル首相と握手する安倍首相=24日、フランス南西部のビアリッツ(共同)

 【ビアリッツ共同】安倍晋三首相は24日夕、訪問先のフランスでドイツのメルケル首相と会談した。イスラム過激派の活動で治安が悪化している西アフリカのサハラ砂漠南部・サヘル地域の安定に向け協力する方針を確認。同地域が討議テーマとなる先進7カ国首脳会議(G7サミット)での連携を申し合わせた。

 安倍首相はG7サミット議長を務めるフランスのマクロン大統領とも会談し、サミット成功に向けて連携する考えを伝達。カナダのトルドー首相との会談では、両国間の貿易・投資を促進することで一致した。

共同通信社 2019年8月25日 無断転載禁止