浜田 網を手に駆け巡る 児童ら昆虫捕獲大作戦

大麻山の山頂で網を使って昆虫を捕まえる参加者
 郷土の豊かな自然の中で昆虫を調べる体験会がこのほど、浜田市三隅町室谷の大麻山であった。県立三瓶自然館サヒメル(大田市三瓶町)の学芸員を講師に、広島県からの参加者を含め18人が昆虫を追った。

 同市三隅支所が、標高599メートルの山頂付近で開催。参加者は、昆虫に詳しいサヒメルの皆木宏明学芸員(43)のアドバイスを受け、網を使って草地や雑木林でチョウやバッタを捕まえた。山腹でブルーベリー狩りも楽しみ、皆木学芸員の指導で標本作りもした。

 親子で参加した浜田市立雲雀丘小学校2年の堀琢真君(8)は「カマキリやナナフシを捕まえた。(夏休みの)自由研究にしたい」と喜んだ。

2019年8月24日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ