HISのTOB、応募なし ユニゾ争奪戦から撤退へ

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は24日、ホテル運営のユニゾホールディングスに対して23日まで実施した株式公開買い付け(TOB)に、株主から買い取りの応募がなかったと発表した。HISは「今後の方針について検討中」としているが、敵対的TOBに発展したユニゾの争奪戦から撤退する見通しだ。

 HISはTOB実施前からユニゾ株の5%弱を保有する大株主。株主総会で重要な決議事項への「拒否権」を握るため、TOBを通じ45%へ高める方針だったが不調に終わった。

共同通信社 2019年8月24日 無断転載禁止