丸山知事、福島訪問終える 避難計画、必要なら見直し

福島県の内堀雅雄知事(左)と意見を交わす丸山達也知事=福島市杉妻町、福島県庁
 島根県の丸山達也知事が23日、事故を起こし、廃炉作業が続く東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の視察など3日間の福島県の訪問を終えた。福島県の状況を踏まえ、中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の事故を想定した島根県の広域避難計画や関係機関との連携が十分かどうかを確認し、必要であれば見直す考えを示した。

 最終日の23日は福島市の福島県庁に内堀雅雄知事を訪ねた。3日間の訪問を振り返り、「東日本大震災からの復興の状況、原発事故の経過を視察し、原子力防災の備えなど大変参考になった」と伝えた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年8月24日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ