楢崎智亜、「金」で五輪代表 クライミング世界選手権制す

 男子複合決勝 ボルダリング第2課題に挑む楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子

 2020年東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミングで男子の楢崎智亜(23)=TEAM au=が21日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で行われた世界選手権の複合決勝で金メダルを獲得し、日本協会の選考基準を満たして東京五輪代表に決まった。

 日本男子のエース、楢崎智は今大会、ボルダリングと合わせて2冠を達成した。昨年に始まった複合では男女を通じて日本勢初の優勝となり、来夏へ期待が高まる結果となった。

 五輪で実施される複合はスピード、ボルダリング、リードの3種目全てに臨み、総合力を競う。

共同通信社 2019年8月21日 無断転載禁止