米、中距離の地上型ミサイル実験 INF条約失効後初

 米が発射実験を行った地上発射型巡航ミサイル=18日、カリフォルニア州サンニコラス島(米国防総省提供・AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は19日、今月2日に失効した米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約で制限されていた中距離ミサイル開発の一環として、地上発射型巡航ミサイルの発射実験を実施、成功したと発表した。条約で禁じられていた射程500~5500キロの同型ミサイルの実験は条約失効後初めてで、米メディアによると1988年の条約発効後、30年以上行われてこなかった。

 条約に違反して中距離ミサイルの開発を進めてきたとされるロシアや、軍備増強を続ける中国に対抗する狙い。

共同通信社 2019年8月20日 無断転載禁止