7月貿易収支、2カ月ぶり赤字 中国向け輸出9%減、2千億円超

 東京港に並ぶコンテナ=5月

 財務省が19日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2496億円の赤字だった。赤字は2カ月ぶり。米中貿易摩擦に伴う中国経済の減速を受け、中国向け輸出が前年同月比で9・3%減少したことが響いた。特に半導体製造装置のマイナス幅が大きく、設備投資を控える動きが広がっている。

 世界への輸出は1・6%減の6兆6432億円と8カ月連続で前年水準を下回った。半導体製造装置のほか、自動車部品なども振るわなかった。輸入は1・2%減の6兆8928億円だった。アラブ首長国連邦(UAE)からの石油製品の輸入が減った。

共同通信社 2019年8月19日 無断転載禁止