ラジオ体操905人汗 浜田開府400年記念

ラジオ体操に取り組む参加者たち=浜田市黒川町、市陸上競技場
 浜田開府400年を記念した夏期巡回ラジオ体操が17日、浜田市黒川町の浜田市陸上競技場であり、参加したスポーツ少年団の団員ら市民905人が心地よい汗を流した。

 巡回ラジオ体操は、かんぽ生命保険などが主催し、7月20日から8月31日までの間、全国43会場で開催。様子をラジオで生放送している。市は本年度、浜田藩開府から400年を迎えたことから、市民の機運醸成を目的に、主催者に申し込んで実施した。

 参加者は、体操講師の多胡肇さんの指導を受けて、ピアノの演奏に合わせて、深呼吸をしたり、体を伸ばしたりして取り組んだ。時折笑顔を見せながら体操する参加者もいた。

 市陸上競技場のほか、みどりかいかん前(浜田市金城町下来原)や市弥栄支所前(同市弥栄町長安本郷)など3カ所でも、市民61人がラジオ体操に励んだ。

 浜田市三隅町折居の無職、桑原徹さん(68)は「開府400年の記念の年に、多くの人と気持ち良く体操ができた」と満足そうだった。

2019年8月18日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ