グリーンランド買収に関心 トランプ氏、困惑や反発広がる

 トランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日までに、トランプ米大統領がデンマーク領グリーンランドの買収に関心を示していると伝えた。関係筋らの証言としているが、真剣に買収を検討しているのかどうかは不明。

 一方のデンマーク側では「冗談に違いない」(ラスムセン前首相)などと困惑や反発の声が広がっている。

 グリーンランドは北極海と北大西洋の間に位置する世界最大の島で、同紙によると、米当局は安全保障上の重要性が高いとみている。

 トランプ氏は会議や食事の席などで買収の可否を側近らに質問し、地政学的な重要性や豊富な天然資源に興味を示したという。

共同通信社 2019年8月16日 無断転載禁止