拿捕したイランのタンカーを解放 ジブラルタル、米は継続を要請

 英領ジブラルタルで、拿捕されたイランの大型タンカー=15日(AP=共同)

 【ロンドン共同】英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の対シリア制裁違反の疑いで7月に拿捕したイランの大型タンカーを解放したと発表した。イラン側から、解放後もEUの制裁対象国に向かわせないと確約する書面を受け取り「拿捕し続ける正当な理由はない」と説明した。急速に悪化した英イラン関係改善につながるか注目される。

 ロイター通信によると、タンカーは出港準備を始めた可能性がある。今後、地中海の港に向かうとのイラン海事当局関係者の情報もある。

 英メディアなどによると米司法省はタンカー拿捕継続を求めていた。

共同通信社 2019年8月16日 無断転載禁止