足立美術館でアカマツの剪定始まる 一層端正な名庭園

アカマツを剪定する庭師=安来市古川町、足立美術館
 米国の日本庭園専門誌で16年連続日本一に選ばれた島根県安来市古川町の足立美術館の日本庭園で、夏の風物詩となっているアカマツの剪定(せんてい)が行われている。専属庭師が不要な枝や古い松葉と皮を取り除き、すっきりとした姿に仕上げる。作業は9月中旬まで続く。

 16万5千平方メートルの日本庭園には、アカマツ約800本が植わる。剪定は毎年、枝葉が茂るこの時期に行い、今年は7月中旬に始めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年8月14日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ