上皇后美智子さまが早期乳がん 9月以降に手術へ、宮内庁発表

 上皇后美智子さま

 宮内庁は9日、上皇后美智子さま(84)が早期の乳がんと診断されたと発表した。左胸の乳腺に腫瘤が見つかった。9月以降に入院し、手術を受けられる見通し。宮内庁によると、美智子さまは6月以降、心臓の弁に異常が認められるなど体力の低下が心配されており、8月下旬に上皇さまと共に長野・軽井沢などで静養し、体力の回復を待った上で手術に臨む。

 宮内庁によると、美智子さまは7月12日の健康診断で乳腺エコー検査を受け、左胸の乳腺に腫瘤が発見された。同15日に東大病院でMRI検査し、悪性腫瘍を疑わせる所見が認められたため、今月2日に宮内庁病院で組織検査した。

共同通信社 2019年8月9日 無断転載禁止