N国党首が「受信契約」 料金不払い方針も明言

 国会内で記者会見するNHKから国民を守る党の立花党首=8日午後

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は8日、国会内で記者会見し、東京・渋谷のNHKを同日訪れ、「受信契約を結んだ」と明らかにした。受信料の支払いについては「不払いにする。契約は法律で決まっているが、支払いは裁判で決定しなければならない」と述べた。NHKには自身を相手に訴訟を起こすよう求めた。

 参院選当選後、参院議員会館の自室にテレビを1台設置したため、法律に基づき受信契約を結ぶ必要があるとしてNHKを訪問した。立花氏によると、NHKに受信契約書を提出する際の様子を録画しようとしたところ、管理権があるとしてNHK側に撮影を断られた。契約書は手渡したという。

共同通信社 2019年8月8日 無断転載禁止