韓国向け輸出、初の許可 申請審査、標準より早く

 記者会見する世耕経産相=8日午前、経産省

 政府は8日、韓国向けの半導体材料3品目の輸出規制を7月に強化した措置に関し、企業からの個別申請を初めて許可したと明らかにした。関係者によると、対象は感光剤の「レジスト」で、申請を審査した結果、輸出先で適切に扱われ、軍事転用の恐れもないと判断した。初案件は1カ月程度で審査が済み、標準的な期間である90日より早い。公正に手続きを進め、韓国が主張するような禁輸や貿易制限措置でないことを示す狙いがある。

 世耕弘成経済産業相は8日の閣議後の記者会見で、日本の措置が「禁輸ではないということを韓国側もよく理解してほしい」と強調した。

共同通信社 2019年8月8日 無断転載禁止