ソフトバンクグループ国内最高益 4~6月期、1兆円超

 4~6月期連結決算について記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=7日午後、東京・丸の内

 ソフトバンクグループが7日発表した2019年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比約3・6倍の1兆1217億円だった。野村証券によると、日本の主要400社が04年以降に開示した四半期の純利益では最大となった。傘下の中国電子商取引(EC)大手アリババグループの一部株式売却に絡む金融取引による利益計上が主な要因で、ソフトバンクグループの金融会社化が鮮明になった。

 巨額ファンドの評価益も貢献したが、大半が未上場株の評価益や会計上の利益。孫正義会長兼社長は携帯電話などの通信事業が本業ではないと強調し「保有資産を最大化させることがわれわれの仕事だ」と胸を張った。

共同通信社 2019年8月7日 無断転載禁止